目黒区にて屋根修理 ~カバー工法~

目黒区にて屋根修理 ~カバー工法~

こんにちは。

山田工芸、広報担当です。

先日目黒区にて行った屋根修理(カバー工法)の施工の様子です。

施工前の様子です。

複雑な形の素敵な屋根ですが、経年により色の剥がれやクラックが目立ちます。

施工の様子です。

まずは既存の屋根上にルーフィングを敷きます。

カバー工法は既存屋根を有効活用します。

既存屋根に防水シートを敷き、その上に新規の屋根材を葺いていくことで二重構造となり、より強固なものにします。

葺き替えと比べて必要材料も少なく、施工期間も短いため近年人気の施工方法です。

防水シート完了後、屋根本体張りに移行します。

今回はディプロマット屋根を使用しています。

表面には自然石が散りばめられており、とても丈夫に作られているため、

雨音の遮断や防熱、防寒にも強く、保証期間も長いです。

山田工芸が扱う人気屋根材の一つです。

そして施工完了です!

特に出窓部分は隙間なく、細かく施工を行いました。

必要箇所に応じてコーキングも行い隙間をしっかりと埋めています。

山田工芸では屋根のカバー工法は既存の、葺き替え、小工事など何でも施工可能です。

是非ご用命ください。